四葉鉄道オーナーの日記

2010年Nゲージにより鉄道事業を開始。2011年Gゲージに参入することで事業拡大。常に夢と目標と野望を持ち活動していく。

ナナシスづくしだ!!!

f:id:yotubarail:20180722233408j:image

2018年7月20日日本武道館

Tokyo 7th シスターズメモリアルライブが開催されました。

今回のライブは主人公(プレイヤー)が勤めるナナスタ所属のアイドルのみのライブでした。

いやー、最高!!

今月上旬に新アルバムが発売されてたくさんの新曲を引っさげてのライブでしたが、「これぞナナシス」が詰まったライブでした。

会場に入ってすぐにセンターステージが目に飛び込んできます。今までのライブではなかったステージ配置、期待が高まります。席は1階の最前列、ステージとほぼ同じ高さのいい席でした。自分の席運に感謝。

もちろん全曲良かったのですが、いくつか抜粋して感想を書きます。

 

開幕の「僕らは青空になる」にいきなり驚かされました。今までライブの後半で歌われてきたこの曲。開幕は新曲のいずれかからやるんだろうなって思ってた。よく考えたら夏をテーマにしたこの曲はぴったりだったのかもしれない。そして、今回のライブが生演奏であることに気づく。

 

2曲目は「KILL☆ER☆TUNE☆R」

コールをガンガンするこの曲はライブを盛り上げるのにぴったり。自分はライブ中振り付けを真似する(振りコピ)のですが、対面で天堂寺ムスビ役の高田憂希さんと踊れたのが良かった。あっ、振りコピをする際は周りの迷惑にならないようにしませう。

 

新曲の中で自分の一番のお気に入りがSiSHの「プレシャス・セトラ」

SiSHは清楚なお姉さんをコンセプトにしたユニットで楽曲も透き通るようなイメージの曲が多い中、この曲は清楚さを残しつつもノリの良いものになっています。曲だけでも良いのに、ダンスがついたら最強そのもの。サビのクラップも楽しかった。

 

今回一番注目を集めたといっても過言ではないであろうユニットCi+LUS

今回のライブがデビューで、片想いをテーマにしたユニットです。可愛い、終始可愛い!『「シトラスは片想い」なんだわ』と連番者と2人で頭を抱えていました。お兄ちゃんもお姉ちゃんも満足できたのでは。

 

ナナスタ唯一のロックバンド、The QUEEN of PURPLE

ロックはやっぱり盛り上がりますね。なんとサプライズで今回初発表の新曲「Clash!!!」を披露しました。そして、新曲がダウンロードで販売されることに。早速ダウンロードして聴いています。

 

今回のライブのバラード枠「またあした」

ナナスタ最初のメンバーの春日部ハルがソロで歌う曲。セカンドアルバムに収録され、今までずっと披露されずにいたこの曲。途中で音楽が止まり777☆SISTERSが集合、そして会場全体で歌いました。

その後「スタートライン」

この2曲がセットになり、ナナスタそしてナナシスが新しいスタートを切りました。こういう流れを大切にするのがナナシスのいいところです。

 

特報として10月に4thライブが行われることが発表されました。なんと、ライバルやレジェンドを含めて全ユニットが参加。とんでもないバケモノライブになりそうです。絶対に行かなければ。

 

 

そして今日秋葉原アニメイトカフェで行われているナナシスコラボカフェに行ってきました。

f:id:yotubarail:20180722233030j:image

f:id:yotubarail:20180722233045j:image

 

f:id:yotubarail:20180722233105j:image

ライバルユニット4Uをテーマにしたパフェ。底にあるオレンジとキウイが酸っぱかった…

f:id:yotubarail:20180722233118j:image

特典のコースターはミトとサワラでした。推しのミトが出てハッピーです。

その後とらのあなで行われている展示を見て帰りました。

いやー、充実していた!ナナシスは今の自分の支えの一つであり、大好きなコンテンツです。これからも続いていくといいな。