四葉鉄道オーナーの日記

2010年Nゲージにより鉄道事業を開始。2011年Gゲージに参入することで事業拡大。常に夢と野望を持ち活動していく。

TOP

f:id:yotubarail:20180522223148j:image
 
四葉鉄道のブログへようこそ!!
ここは四葉鉄道のオーナーがグダグダと語るページです。

 

人生の3大目標
①キャンピングカーを買う
②家を買う
③庭に鉄道を敷く

 

こんなことを掲げながらのんびりまったり活動しています。
夢ではなくはっきりした目標であることが大事。

 

ホームページはこちら↓
http://st2121.web.fc2.com/newdir/index.htm

鰐淵エモコトークショー

Tokyo 7thシスターズというアプリゲームをご存知でしょうか。

いわゆる音ゲー2034年のアイドル文化が衰退気味の日本を舞台にしたコンテンツです。

産業特区ができていたり、ホロコンという端末があったりと未来を感じさせる部分があり面白いです。

劇場の支配人となった主人公率いるアイドルグループにライバルとして立ちふさがるのが「4U」というガールズバンド。彼女たちは高校の軽音部に所属し、人気のバンドです。

さて、そんな4Uには鰐淵エモコというベース担当の毒舌キャラの女の子がいます。毒舌というのは裏を返せば素直であるということ。みんなが素直に話せるようになったら良いのではないかと思い架空のトークショーを考えてみました。

 

そのポスターがこちら

f:id:yotubarail:20180619223400j:image

スマホアプリで30分のクオリティ。

亜麻百合高等学校というのは彼女が通う高校です。

数人にこのポスターを見せたところ割と好評でした。

 

しかし

・申し込み方法が書かれていない

・料金がわからない

といった改善点がありました。

 

そこでこのトークショーが好評だったため、続編が行われるようになったという設定で改善点を見直したポスター作ってみました。

f:id:yotubarail:20180619224047j:image

いかがでしょうか。

今回はゲスト枠を作ってみました。

ゲストは4Uの他のメンバーの2人。

1500円でエモちゃんの話を聞けるなら喜んで行きますね。

デザイン的には最初のとこれを合わせるといい感じになりそうかなと思ってます。

使用したアプリが違うので難しいところもありますが。

 

両方とも時間が14時から17時になってますね。特に意識してなかったのですが…

おそらく自分が活動したい時間がこの辺りなんでしょう。あとの時間は正直ゴロゴロしたい。

 

絶対言わない言葉2選

f:id:yotubarail:20180618103944j:image

スカイツリーのほぼ真下から全体をカメラに収めようとすると苦労します。

634mは半端じゃない。

ところで右横に写っているのはなんでしょう。

レンズの汚れか、はたまたUFO?

 

さて本題。

「(お酒に)酔ってない」と「やればできる」という言葉は信用してないです。

 

前者は飲み会なんかに行ったことがある人はわかるでしょう。本当に酔ってない人は「酔ってない」なんて言いませんからね。しかも大抵この発言をするときには周りが面倒臭く感じるくらい酔っていることが多い。自分のラインを見極めて気をつけましょう。

自分の限界を知るためにも一度こうなるくらい飲んでおきたいのですが(もちろん自宅で)、酔っ払う前に体に限界がきます。アルコールに体が慣れてないんでしょうね。少なくともその後1週間は腹痛に苦しむことになります。

 

後者は言い訳で使われることが多いように感じます。本当にできるなら言う前にやった方が早いです。実績もできますしね。言い訳をする人間にはなりたくないので、この言葉は絶対に言わないようにしています。なんなら無言実行くらいの勢いでありたいものです。

 

趣味でもそんなスピード感で動けたらいいんですけどね。それはそれで満たされるのが早くなってつまらないななんて思ったり。

 

ちょっと真面目な話

f:id:yotubarail:20180615202449j:image

出かけた先の夕日が綺麗でした。

 

鉄道の事故と言われてすぐ思い浮かぶのは脱線や人身事故ではないでしょうか。鉄道模型でも脱線の可能性はあります。Nゲージなどでは気づいたときに対処すれば良いですし、リレーラーレールなんてものもあります。しかし、人が乗るような大型模型では大問題です。日頃の整備や事前の設計が欠かせません。

 

さて、15インチゲージで通常使われるのは6kgレールというものです。

 

f:id:yotubarail:20180615020904p:image

このレールの上面、つまり車輪と直接接するところが25.4mmとなっています。

 

次に車輪を見ていきましょう。

試作段階で用いているのがこちら

https://www.monotaro.com/p/0048/8047/

 

この車輪のレールと接する部分が

f:id:yotubarail:20180615202623p:image

図の通り14mmとなっています。

 

レールに車輪が乗った場合がこんな感じ。

f:id:yotubarail:20180615202719p:image

レールを完全に覆えていないのがわかるでしょう。

直線の場合はさほど心配はありませんが、カーブが問題です。

車輪の幅に余裕がないためスピードがついていたりすると、カーブ内側にあたる方が脱線する可能性が高まります。

レールを置いた地面に凹凸があったりするとなおさら。

綿密な計算をしたわけではないので予想の範囲を超えませんが、こんな心配があるわけです。

 

先ほど述べたようにスピードや凹凸、カーブの半径なんかで状況は変わってくるので最後は現物あわせが大切です。はい、ここで冒頭で事前の設計が大切なんて言っていたぞという声。

 

15インチ計画はのんびり進めていきましょうね。

 

暑くなってきましたね

f:id:yotubarail:20180614195919p:image

幽霊に出くわしたらどうしようもないよね

 

…下手な絵だな

 

6月になって梅雨に入って暑くなって…

湿気と高い気温が同時にやってくる日本の夏は苦手です。

 

通学やプライベートでほぼ毎日新宿駅を利用するのですが、もともと高い気温や湿気に加えて多くの人が利用するためとんでもない体感温度になってます。家から最寄り駅の10分ほどの道のりより、新宿駅の5分ほどいる方が汗をかきます。

 

いわゆる通勤ラッシュにあたり時間をなるべく避けて行動していますが、それでも現在のような感じなのでラッシュの時はどうなるやら。恐ろしや…

 

たまにわざわざこんなに人がいる東京にいる必要じゃないのではないかと虚しくなる時があります。アニメのオタクやっている限り東京の限定イベントにつられて脱出できないでしょうけど。

 

東京で働くサラリーマンの皆さんお疲れ様です。

シーサーロボ(青)

みなさんはチープトイを知っていますか。

スーパーやホームセンター、駄菓子屋なんかで売られている1000円くらいの安いおもちゃがそれです。

普通のおもちゃに比べて造りや耐久性なんかに難ありといった面があるのですが、その独特な特徴に惹かれたファンもそこそこいます。

 

今回紹介するのは沖縄限定で販売されているアニバトロンシーサーロボです。その名の通り沖縄の守り神シーサーが人型ロボットに変形するというおもちゃ。青と赤の2種類があり今回はその青。

f:id:yotubarail:20180610182659j:image

パッケージ(表)

青赤両方が描かれています。

 

f:id:yotubarail:20180610182838j:image

パッケージ(裏)

変形方法が描かれています。

周りにたくさんのおもちゃがありますねw

 

さて本体を見ていきましょう。

f:id:yotubarail:20180610183128j:image

f:id:yotubarail:20180610183202j:image

後ろ

f:id:yotubarail:20180610183216j:image

f:id:yotubarail:20180610183220j:image

布団においたらペットぽくなって可愛げが出るかと思いやってみましたが、ダメですね。ちゃんと撮影ブース使いましょう。

 

では変形!!トランスフォー◯ーではない。壊さないように恐る恐る...

付属品の銃を持たせて完成!

f:id:yotubarail:20180610183815j:image

f:id:yotubarail:20180610183843j:image

後ろ

f:id:yotubarail:20180610183941j:image

 

ゴツいなあ。

なかなかの完成度です。

いいですよね、変形ロボ。

問題点があるとすれば付属品の銃をどうやって管理するかですね。

本体に取り付けたままにできたらいいのですが...

気を抜くと無くしそうです。

 

チープトイは様々な種類があります。

皆さんも一度買ってその魅力にハマってみては。

 

 

バスケがしたいです

年に数回くるバスケしたい病にかかっていますw

中学生の頃にバスケ部に入っていたのもあって今でもバスケが大好きです。

あまり試合に勝つことに熱心ではなかったので中学の頃は後半幽霊部員になり、高校では部に入ることすらしなかったのですが。

 

昔は街中の公園にバスケットのゴールがあるのをちょくちょく見かけていたのですが、最近はすっかり無くなってますね。出身地の静岡市は設置するつもりすらないようで。

苦情なんかが入るんでしょうかね。これが世の中の変化か…

 

友人誘って大学の体育館でも借りましょうかね。

普通の人にポイントって通じるの

近鉄道を利用していると

「この先ポイント通過のため揺れますのでご注意ください。」

といったアナウンスを聞くことが増えたように感じます。

ポイントなんて言葉は業界人と鉄道マニアくらいしか知らないだろうと思っていた自分にとってちょっとした衝撃でした。

みんなわかるのかなって。

それともご注意くださいの部分だけ頭の中で抜き取って聞いているのかな。

プラレールとかで触れているのかも。鉄道模型もそれなりにメジャーになってきてますしね。わからないけど。

 

ポイント通過の際は低速であっても揺れるものです。立っているときはきちんとつり革や手すりに掴まりましょう。満員電車では厳しいものがあるけど。