四葉鉄道オーナーの日記

2010年Nゲージにより鉄道事業を開始。2011年Gゲージに参入することで事業拡大。常に夢と目標と野望を持ち活動していく。

TOP

f:id:yotubarail:20180718225609p:image
 
四葉鉄道のブログへようこそ!!
ここは四葉鉄道のオーナーがグダグダと語るページです。
 
社名の由来
・幸せを象徴する四葉のクローバーを意識することで楽しく幸せな環境を作り上げることに力を注ぐ
・四枚の葉を趣味に必要な「時間、場所、お金」、そして「自らのこだわり」を合わせた四つに見立てる

 

人生の3大目標
①キャンピングカーを買う
②家を買う
③庭に鉄道を敷く

 

こんなことを掲げながらのんびりまったり活動しています。
夢ではなくはっきりした目標であることが大事。

 

ホームページはこちら↓

ファンタスティックビースト第2作目を語る

f:id:yotubarail:20181204195144j:image

f:id:yotubarail:20181204195814j:image

 

11/23ついに公開された「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」

ハリーポッターシリーズの大ファンだと自負している自分も観てきました。

2,3ヶ月に1度は原作(家にあるのは日本語訳ですが)と映画を一気に観る1週間を設けるくらいにはファンです。そろそろ1週間では収まりきらない作品の量になってきました。

ところで、邦題の「黒い魔法使いの誕生」の黒い魔法使いはグリンデルバルドを表していると思いますが、この映画の前からグリンデルバルドは闇の魔法使いとして知れ渡っており誕生とするのは違うのではないかなと考えています。

1回目は2Dで2回目は3Dで。

3Dを観るのに苦労しました。というのも今話題の4Dを含め、吹替版で上映しているところばかりなんですよね。幼い頃から洋画は字幕で観てきた自分にとって2時間半ほど吹替で観るのはなかなかしんどいのです。口の動きに合わせる関係で吹替だと盛り込めない情報もありますし、実際に動いて演じている役者さんたちの声を聴きたいですしね。

あっ、アニメを観るのは大好きなので声優さんたちが活躍しているのは素直に嬉しいですよ。

 

前置きが長くなりましたが、できるだけネタバレしない範囲で語っていきます。

 

 

 

CMや予告でもあったように本作は闇の魔法使いグリンデルバルドがアメリカ魔法省MACUSA(マクーザ)からヨーロッパに移送される際に逃亡するところから始まります。

ここでは前作であまり目立っていなかったあのキャラがやってくれます。

移送のために警護に当たる魔法使いが何人もいるわけですが、逃亡にあたって邪魔になる彼らを殺さないのがグリンデルバルドの性格。ヴォルデモートなら容赦無く殺しています。ここはいい対比になってますね。

ここでタイトルがどーん!!

逃亡したグリンデルバルドはパリに潜伏。

 

さて、所変わってイギリス魔法省。とある用件で主人公ニュートは呼び出しを食らっています。

疎遠になっていた魔法省で働く友人(性格にはもう少し深い関係かも)リタ・レストレンジと兄のテセウスに再会。

ここでの会話が今後のニュートの立場を決める一つのきっかけになります。どんな話なのかはご自身でご確認を。

 

魔法省を後にしたニュートの前に現れたのは当時ホグワーツで闇の魔術の対する防衛術の教師をしていたダンブルドア

ここでなんと前作のニュートの行動は彼の指示だったことが明らかになります。そして、ラストシーンへの伏線もここで語られることに。

グリンデルバルドを倒すよう半ば強制されたニュートはパリへ行くことを決意。

 

用事を済ませたニュートが帰宅すると前作にアメリカで出会った仲間の魔法使いクイニーとマグル(ノーマジ)のジェイコブが彼を訪ねてきます。

二人は恋人として付き合い始めてました。結婚が視野に入るくらいには親密に…

しかし、魔法使いとマグルは当時のアメリカでは結婚はおろか付き合うことすら許されていません。純粋に好きな人と結婚したいクイニーと世の中の状況を冷静に見てまだ結婚はできないとするジェイコブはすれ違ってしまいます。

そしてクイニーはジェイコブの元を離れ、とある調査でパリにいる姉ポーペンティナ(以下ティナ)の元へ。

このティナとニュートは前作で絆を深め恋人に近い状態になっていました。ちなみにのちに二人は結婚し、ハリー・ポッターが活躍した時代も存命しています。

 

さあ、ニュートはグリンデルバルドとティナを追って、ジェイコブはクイニーを追ってパリでの冒険の始まりです。

 

フランス・パリではティナが調査にあたっていました。彼女は前作で死んだと思われていたクリーデンスを追っていました。彼の存在が今シリーズのキーになっており、このクリーデンスを追ってグリンデルバルドもパリに潜伏していたわけです。

そんな中彼女は一人の人物に出会います。

 

パリについたクイニーは姉を探し始めますが、見つかりません。見知らぬ土地で途方にくれ追い込まれた彼女に手を差し伸べたのは、なんと…

 

パリについたニュートとジェイコブはティナの捜索を開始。捜索を続けているうちに二人はティナが出会った人物に接触。この人物(ユスフ・カーマ)を通してティナと再会。

 

ニュート、ティナ、ジェイコブ、ユスフの4人は(ユスフは諸事情で担ぎ込まれて)パリのダンブルドアの仲間の家へ。ここはニコラス・フラメルの家でした。

 

クリーデンスの出生を調べるべく、ニュートとティナは再び調査を行います。

そして事実に近づくべく、レストレンジ家の墓へ。

 

この場所で様々な事実が明かされ、その後開かれたグリンデルバルドの集会で自体は大きく動きます。

ラスト付近は劇場で。

 

見所をいくつか上げていきます

 

①グリンデルバルド

前作ではグリンデルバルドとしての登場シーンは少なかった彼。様々な魔法を駆使して逃亡を図るシーンでは彼の実力がよくわかります。また、物語を通してヴォルデモートとは違った形の恐怖を感じられると思います。

 

②ニュートとティナの関係

前作で絆を深めた二人ですが、今作は途中まですれ違った状態。前作中盤から親しみを込めて「ニュート」と呼んでいたティナが「スキャマンダーさん」とあえて他人行儀にしているのが可愛い。不器用な二人らしさが表れているとともにクイニーとジェイコブの関係との対比になっています。

 

ニコラス・フラメル

ハリー・ポッターと賢者の石」で賢者の石を作った人物として名前が登場していた彼。今回登場シーンは多くはないものの活躍してくれます。とても格好いいので必見です!

 

④クリーデンス

彼には大きな秘密がありそう。いや、ある。今作ラストでその正体に近づくのですが果たしてそれも本当なのかどうか…

 

ファンタスティックビーストシリーズの結論としてはダンブルドアがグリンデルバルドを倒し、グリンデルバルドは捕まるというすでに明らかになっているものなので、過程を楽しむ気持ちで観ていただければと思います。

今回新たな事実がてんこ盛りなので前作とハリー・ポッターシリーズを観てからいくとなお良いかと思います。

 

今作はとてもダーク。ワクワクというよりハラハラとした感じです。ようやく悪役らしさが出てきたグリンデルバルドもいいですね。言葉巧みな様はなんとも言えない恐ろしさを感じさせます。映画の評価を見ていると「グリンデルバルドがどんな悪役かがわからない」という声がありましたが、それがある意味正解。観ている側をも自分の側に取り込んでしまっているわけです。話の中身は決して平和的なものではないのですが、言葉選びや言い方でまるで正しいことをしているかのように思わせてきます。やばいですね。映画なので冷静に観れますが、現実にいたら影響される人はたくさんいそうです。

 

あと何回観に行けるかな。

毎回良い作品を作ってくださる制作側に感謝。

 

大学4年で週4で大学に通うのは珍しいですかね

現在大学4年の後期

ほぼほぼ卒業要件は満たし、卒論と細かいカリキュラムをクリアすれば卒業といった感じです。

ゼミやサークルの友人は週1か週2くらいのペースで大学に通っているようです。

 

週4で通う理由としては単純に講義の時間割がばらけてしまっていることと環境を変えたいというのがあります。

前者はいいとして後者ですね。

家だと良い感じの姿勢で集中できる環境がないんです。

家にデスクと椅子というものがないため卒論等何時間もパソコンを使いたいときに正座やクッションだとしんどいんですよね。

その点大学に行けば環境は揃ってますし、図書館もあるので何か疑問に感じたり調べたいことがあったりすればすぐ行動に移すことができます。コピーもできる。最高ですね。

 

難点は家から若干遠いところですかね。最寄り駅までの移動等も含めて片道約1時間…

自分の使用しているパソコンが2.5キロあり、そんなパソコン背負って長時間動きたいかといったらできれば避けたいし。

あとはたまにWi-Fiの速度が遅くなること。

人数が多いので仕方ないんですけどね。

 

家の近くにコワーキングスペースでもあることがベストです。

できれば学生料金があるといいな。

 

 

まあ、ないものはないので今の環境に適応しましょう。コワーキングスペースみたいな環境を作れたら最高ですけどね。それが世の中のニーズに合うかとなると話は別ですが。

卒論は後3分の1ほど。頑張りましょう。

 

 

次回は現在公開中のファンタスティックビーストについて書きます(宣言)

ナナシス is a God contents

f:id:yotubarail:20181023174821j:image

10/21 Tokyo 7th シスターズ 4th Anniversary Live -FES!! AND YOUR LIGHT- in Makuhari Messe

に参加してきました。初日は残念ながら参加できずだったので、2日分楽しむつもりで幕張に乗り込んだのでした。

 

セトリはこちら

 

1.MELODY IN POCKT / 777☆SISTERS
2.STAY☆GOLD / 777☆SISTERS
3.Snow in “I love you” / 777☆SISTERS


4.PUNCH’D RANKER / The QUEEN of PURPLE
5.Clash!!! / The QUEEN of PURPLE
6.Fire and Rose / The QUEEN of PURPLE


7.Winning Day / KARAKURI
8.AMATERRAS / KARAKURI
9.B.A.A.B / KARAKURI
10.-ZERO / KARAKURI


11.アイコトバ / Ci+LUS
12.シトラスは片思い / Ci+LUS


13.SHAKE!!(〜フリフリしちゃえ〜) / ハル☆ジカ(ちいさな)
14.ハネ☆る / ハル☆ジカ(ちいさな)


15.SHOW TIME / CASQUETTE’S
16.マスカレード・ナイト / CASQUETTE’S


17.ひまわりのストーリー / Le☆S☆Ca
18.タンポポ / Le☆S☆Ca
19.Behind Moon / Le☆S☆Ca
20.YELLOW / Le☆S☆Ca


21.14歳のサマーソーダ / サンボンリボン
22.セカイのヒミツ / サンボンリボン


23.SAKURA / WITCH NUMBER 4
24.星屑☆シーカー / WITCH NUMBER 4


25.Crazy Girl’s Beat / 4U
26.TREAT OR TREAT / 4U
27.パフェ・デ・ラブソング / 4U
28.プレゼント・フォー・ユー / 4U
29.Lucky☆Lucky / 4U


30.KILL☆RER☆TUNE☆R / 777☆SISTERS
31.僕らは青空になる / 777☆SISTERS
32.FUNBARE☆RUNNER / 777☆SISTERS

 

33.スタートライン / ALL CAST

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2年ぶりに出演のKARAKURIに加え、新ユニットCASQUETTE'Sも加わって過去最多の出演者。

どれも良かったのですが、特に印象に残った曲の感想を語ろうかなと。

 

まず1曲めの「MELODY IN POCKT」

以前このブログでも書いた武道館公演を終えての記念となる歌。

ライブの10日ほど前に発売されたばかりの曲です。

1曲めにくるかという驚き!

演者の皆さんがステージに上がる時に演出が印象的でした。

真っ先に長めのスカートを履いた角森ロナ役の加隈亜衣さんが目に飛び込んできました。

ふぇぇぇす(fes)の開幕です!

 

3曲めの「Snow in “I love you”」

タイトルの通り冬がテーマの歌です。

個人的にこの曲をライブで聴くのが2年ぶりということもあって単純に嬉しかったです。

テンポのいいこの曲は大好きです。

 

The QUEEN of PURPLE(QoP)の1曲め「PUNCH’D RANKER」

序盤にQoPがくるだけでも盛り上がりが半端じゃないのですが、1曲めにセブンスシスターズのカバー曲!!!

頭抱えて絶叫しておりましたw

もともとバンド映えする感じの曲なのでバンドユニットであるQoPにもぴったり。

最高のサプライズありがとうございました。

憧れだったユニットの曲をカバーできてよかったね、ファーブ。

単独ライブ決定おめでとう!

 

KARAKURIの2曲め「AMATERRAS」

曲そのものがMVPみたいなもの。

そこに役を務める秋奈さんの全力とアレンジが入ってきます。

やべえっす…

KARAKURIは毎回新しいクールな感じの曲を出してきますね。

可能性は無限大。

 

猫のシトラスをイメージした尻尾をつけたCi+LUSは終始可愛かった。

(あれ、曲の感想は?)

 

 

今回初参加CASQUETTE'S

どちらの曲もザ・大人の女性といった感じの曲。

ダンスの動きがとてもスマートでした。

MCは打って変わってわちゃわちゃしてましたけど。

 

Le☆S☆Caで印象に残ったのは「Behind Moon」

いい雰囲気の曲でみんな大好きですね。

曲の後の挨拶に何か可能性を感じたら来年ニューシングルが出るそうです。

めでてえ!!

 

サンボンリボンは日常の素晴らしさを気づかせてくれますね。

特に「セカイのヒミツ」

MCは普通に会話してるだけなのにコントでしたね。

 

WITCH NUMBER 4の「SAKURA」

テンポはいいけど歌詞は切ない失恋の歌。

武道館公演では歌われなかったのもあって心待ちにしていた支配人も多いのでは。

 

そして4U

今年2月の単独ライブはゼミの合宿が被って行けなかったのでこれも久々。

会場に一体感がやばい!!

「Crazy Girl’s Beat」楽しすぎな。

「sexy lingerie yo!!!」

 

キラチュナ、僕青、FUNBAREは個人的に777の振りコピ3大曲

今回も楽しみました。

 

最後の全員で「スタートライン」

よかったですねえ。

ファーブ役の広瀬ゆうきさんダンスキレキレでした。

さすがアイドル。

武道館で1回見ただけなのに自分も意外と振り覚えていたな。

 

これからもナナシス応援していきます。

 

タイトルは音の雰囲気だけで書いてます。文法ガバガバなのはスルーで

ステッカーができました

f:id:yotubarail:20181013040843j:image

コーヒー牛乳を作っていたらいい感じに上下に分かれてくれました。

 

ある日帰宅したら海外から封筒が届いていました。

送り主はstickermule(ステッカーミュール)

IT業界でよく見る企業ロゴのステッカーを作っている会社です。

ステッカーやマグネット、ラベルなどを取り扱っています。

もちろん個人で頼むこともできます。

海外の会社ですがホームページは日本語に対応しており、あまり英語ができなくても注文が可能です。

 

今月の17日に届くと予告されていましたが、結構早く届きましたね。

ありがとうございます。

 

さて、中身はこちら

f:id:yotubarail:20181013040728j:image

四葉鉄道のロゴのステッカーです。

特に配る予定もないのでサンプルとして10枚注文しました。

クオリティが高い!

耐久性がありそうなしっかりとしたステッカーで画像のぼやけなんかもなく素晴らしいです。

 

注文の時に画像データを送ると会社側でちょうどいい感じに編集してステッカーにしてくれます。

編集が終わると確認用のメールが送られてくるのですが、納得いかなければ何回でもやり直しを求めることが可能です(ここでは英語必須)。

今回注文したロゴは四葉のマークに沿って画像を切り取ってくれました。

 

これだけのサービスが揃ってなんと9ドル

やっす!

しかも送料無料!

 

TwitterのロゴステッカーやInstagramのロゴマグネットが入ったサンプルパック(1ドル)も一緒に買いましたが、そちらも良いクオリティでした。

 

海外からなので少し時間はかかってしまいますが、高クオリティ低コストでオススメです。

ステッカーを作りたいよという方や身近なさーニスのステッカーが欲しいなんて方はぜひ。

 

https://www.stickermule.com/jp/unlock?ref_id=7336211701&utm_medium=link&utm_source=invite

こちらからアクセスし会員登録すると30ドル以上の注文で利用可能な10ドル分のストアクレジットが受け取れます。受け取ってから90日の有効期限があるのでご注意を。

最近のまとめでも

前回の更新から間が空いてしまったので、その期間中にあったことでもまとめていきます。

 

9/6誕生日を迎えました。

何が食べたいという欲もなく、誕生日プレゼントに合うような手頃な欲しいものも思い浮かばず…

まあ、この歳になると何か特別変わったことをするわけではないのでこの話は終わり。

 

9日から12日まで韓国に行ってました。

f:id:yotubarail:20180915022607j:image

成田からアシアナ航空エアバスA380に乗ってゴー!

総2階建ての機体はでかい!そして初のエアバスの機体搭乗!

f:id:yotubarail:20180915022907j:image

2時間半ほどで仁川に到着。

f:id:yotubarail:20180915022936j:image

韓国ではNソウルタワーを見たり

f:id:yotubarail:20180915023038j:image

もともと高速道路下の暗渠だった場所を開いて整備した川を訪れたり。

川の水は綺麗だったけど、小さい虫が多かった。

f:id:yotubarail:20180915023020j:image

韓国市庁舎の見学もしました。

普通の役所の仕事を行うこともそうですが、市民の憩いの場として使うことも意識されていてすごかったです。実際に訪れている市民の方もたくさんいて、日本の役所のイメージとは異なってました。

写真は地下1階のフリー休憩スペース。ベンチャー企業みたいでした。この階で地下鉄の駅と繋がってます。

 

f:id:yotubarail:20180915023617j:image

これは昌徳宮です。

ソウルにはかつての王様に関連した建物が多かったです。

 

f:id:yotubarail:20180915023836j:image

北朝鮮も見てきました。

川の対岸にあるのが北朝鮮

展望台になっていて望遠鏡を覗くと向こうで生活する人々の暮らしが見られます。

見られながら生活するってなんか嫌だな…

 

f:id:yotubarail:20180915024140j:image

骨つきカルビがすごく美味しかった。

向こうで食べた料理が基本辛くて途中から結構しんどくなってました。舌で感じるというより喉にくる辛さ。

 

f:id:yotubarail:20180915024328j:image

韓国のセブンイレブンに置かれていたプリパラの人形。

みれぃとそふぃが見えますね。らぁらもあるようです。

しかしこれ公式品なのか…?

日本ではプリチャンになってますが、韓国は日本より遅れて放送してるのでまだプリパラみたいですね。いくつか商品を見かけました。

自分へのお土産は韓国のプリチケです。

 

他にもいくつか日本のアニメ作品の関連商品が売られていて、日本のアニメはすごいなと感じました。

 

f:id:yotubarail:20180915024810j:image

帰りはボーイング777で。

トリプルセブンじゃ!

 

f:id:yotubarail:20180915024937j:image

モニターにはShizuokaの文字が。

嬉しかったので撮りました。反射で自分が写り込んでるけど顔がわからないからセーフ(?)

 

f:id:yotubarail:20180915025120j:image

機内では水瀬いのりさんの2ndアルバム「BLUE COMPASS」が聴けました。

水瀬いのりさんのCDは全部買い揃えてiPhone に入れてあるのですが、なんとなく機内サービスを利用してました。日常的に聴いてる曲が非日常に混じってるの特別感ありますしね。

その特別感にやられてか「ハートノイロ」中毒になってます。おすすめなのでぜひ。

 

他にも水樹奈々さんの曲や神崎エルザの曲が聴けました。

神崎エルザの曲では「step,step」がおすすめです。有名なあのクラシック音楽が元になってます。

 

f:id:yotubarail:20180915025841j:image

帰りは成田エクスプレスで成田空港から帰宅。

3泊4日お疲れ様でした。

 

前回の更新からの期間で他には卒論書いたり、ゼミの後輩に向けた引き継ぎ資料を作ったりしていました。特に引き継ぎ資料はこだわって気合入れてましたね。これから先何年も参考にされる可能性があるので。

 

ではまた

 

東北旅行

先週2泊3日で東北に家族旅行に行っていました。

プランが決まっていたので旅ではなく旅行です。

カテゴリーは旅の日記になってますが…

 

様々な場所に行き普段は滅多にしない写真撮影をしたので、その中から数枚写真を上げます。

f:id:yotubarail:20180831205732j:image

十和田湖です。初めて青森に足を踏み入れました。

東京に比べて涼しいせいかどこに行ってもトンボがたくさん飛んでいました。

掴まえ放題でした(笑)

f:id:yotubarail:20180831205906j:image

f:id:yotubarail:20180831205910j:image

その後奥入瀬渓流へ。

とにかく水が綺麗。

ところどころに滝があり、空気が気持ちよかったです。

 

f:id:yotubarail:20180831210450j:image

f:id:yotubarail:20180831210457j:image

f:id:yotubarail:20180831210504j:image

秋田の湯瀬温泉に一泊したのですが、ホテルから駅が近かったのでレイアウトの参考にとロケハンしてきました。

湯瀬温泉駅は対向式ホームが置かれていましたが、使われているのは一線だけのよう。

写真の通り使われていない方の線路やホームには草が生い茂ってました。

いいですねー。こういうものに惹かれます。ぜひ再現したい。

完成して綺麗なものなんてつまらないですからね。

完成に向けて試行錯誤を続けている段階か、衰退に向かう(失礼)段階の方が好きです。

2両編成のキハ110がのんびりと走り去って行きました。

 

ここ3年ほど毎年なんらかの用事で東北に入っているのですが、今回が一番自然に触れられたのではないかなと思います。

一人運転会

ポポンデッタ静岡での運転の様子をちょっとだけ

 

f:id:yotubarail:20180818223916j:image

KATO製ガルパン列車

買ってから一度も走らせてなかったので、持ち出してきました。

すごくスムーズな走りで満足。

 

f:id:yotubarail:20180818224105j:image

学研製キハ55

中古で購入しました。

後ろにガルパン列車3号がついている実物ではあり得ない編成。

こういう模型ならではの楽しみ方もありですね。

昔の製品なので少し音がうるさいですが、走りは悪くないです。

 

f:id:yotubarail:20180818224314j:image

485系

これも以前中古で購入し手入れをしたもの。

パンダグラフが両方上がっているところから「全力で走るぞ」という意気込みが感じられます。

線路が汚れ気味のところでちょっと走りがイマイチだったので、まだまだ手入れが必要そうです。

これはいずれカラーを変えてフリーランスにするつもりです。