ばろぐ・ほいダウン

2010年Nゲージにより鉄道事業を開始。2011年Gゲージに参入することで事業拡大。常に夢と目標と野望を持ち活動していく。

TOP

f:id:yotubarail:20180718225609p:image
 
四葉鉄道のブログへようこそ!!
ここは四葉鉄道のオーナーがグダグダと語るページです。
 

社名の由来

・幸せを象徴する四葉のクローバーを意識することで楽しく幸せな環境を作り上げることに力を注ぐ
・四枚の葉を趣味に必要な「時間、場所、お金」、そして「自らのこだわり」を合わせた四つに見立てる

 

人生の3大目標

①キャンピングカーを買う
②家を買う
③庭に鉄道を敷く

 

こんなことを掲げながらのんびりまったり活動しています。
夢ではなくはっきりした目標であることが大事。

 

ホームページはこちら↓
 
ご連絡はこちら

お金が無限に欲しいので自分なりに使い道を考えてみたけど、世の中の人にはその人なりの使い道ある?

f:id:yotubarail:20190617131018j:plain (ぱくたそよりダウンロード)

子供の頃、
「一億円あったらどうする?」
「うーん、家買うw」
みたいな会話してませんでした?
してましたよね?

・・・はい、してた!
そういうことにしよう。

一億あったらどんな家に住めるんでしょうね。
いわゆる億ション
個人的に1億払ってまでマンションに住みたかないけどね。

実はお金の使い道って意外と思い浮かばない?

さあ、本題に入ろう。
よく聞きますよね、
「お金たくさんあってもそんなに使うことないんだよね」
みたいな


そうかい?
自分ならやりたいこといっぱいあるけどね。
というわけでやりたいことをいくつか挙げてみる。

家を買う

もうこれだけで可能性は無限に広がる。
だってお金無限だよ。
でっかい土地を買って、家を立てればいい。

家の外のレイアウトも部屋のレイアウトもいっぱいこだわりたい。

工作スペースも兼ねたガレージが欲しい。
自分で作ったものがガレージの中で増えていくのはきっと物凄い幸せだろう。

庭も欲しい。
庭園鉄道がやり放題。
Gゲージも5インチゲージも15インチゲージもみんな手を伸ばす。
そうなると庭園鉄道の車両のための車庫も必要だな。

土地が足りなくなったら買い増し。

自動車を買う

スポーツカーに興味はないけど、街乗りやちょっとした遠出のために外車は欲しい気がする。
ベンツとか。

絶対に買うのはキャンピングカー。
これはめちゃくちゃこだわりたい。
お金あるからとりあえずベースはバスだな。
内装なんかもビルダーと一緒に考えて作り上げていく。
限られたスペースに何を詰め込もうか考えるのも楽しい。
完成したら日本一周する。
旅行の様子を毎日ブログにあげてやろう。

世界のいろんなところを見て回る

何がいいかなあ、船かな、飛行機かな。
まあ、金あるしどっちも買っちゃえばいいよね。
英語をなんとか話せる程度の語学力だけど問題ない。
苦労しそうなら通訳を雇えばいい。
これも旅行中のことをブログに書こう。
制度上1年という制約はつくが、さっき挙げたキャンピングカーで海外に行くのもアリかも。

まとめ

とりあえずいくつか挙げてみたが、皆さんはどうだろうか。
自分は単純にやりたいことはまだいっぱいあるし、多分この記事で挙げたことを進めていくうちにもっとやりたいことが出てくると思う。

何が言いたいかって自分は妄想を膨らませるのが好きなんだなあというのと、
お金めっちゃ欲しい!!!

The QUEEN of PURPLE(QOP) 1st Liveはまさに完全燃焼だった

Zepp Tokyo

2019年6月9日、QOPの1stライブ「The QUEEN of PURPLE 1st Live “I'M THE QUEEN, AND YOU?"」がZepp Tokyoで行われました。
5月に発売した1stアルバムを引っさげてきたぜ!!
すでにTwitterなどで明かされているためサプライズでやった楽曲もここに書きますが、もし見たくない方は戻ると良いと思います。

Tokyo 7th シスターズ3rdライブでライブデビューしてから武道館ライブ・4thライブときて、いよいよ単独ライブ!
待ち望んでいたファンも多かったのではないでしょうか。
ゴリゴリのロックバンドだけあって会場はほぼオールスタンディング。
そして何よりZepp TokyoはTokyo7thシスターズの1stライブが行われた記念すべき場所。
あの頃はまだQOPは結成されていませんでした。
そんな思い出深い場所で行われたライブを振り返ってみたいと思います。

セットリスト

  1. I’m queen,Bitch?
  2. Majesty
  3. THUNDERBOLT
  4. TRIGGER
  5. KID BLUE~裸の王様~
  6. Purple Raze
  7. R.B.E
  8. Wake Up Heroine
  9. Clash!!!
  10. I AM
  11. DAYS

ミニコーナー きゅいーんおぶぱーぷりゅ

En1. 空色スキップ(アコースティックver.)
En2. WORLD’S END
En3. CHECK' MATE
En4. Fire and Rose

感想

I’m queen,Bitch?

1曲めから会場の一体感を思い知ることになる。
いわゆるオープニングの立ち位置に当たる短い曲なのだが、コールが揃う揃う。お前らこれ初披露だぞ。
きっちりアルバム聴き込んでるんだなと感じました。

Majesty

さあ、本格的にライブスタートだ。会場はものすごい熱気に包まれる。
あっつ!!
いや、曲も熱気もあっつい!!
2曲めで汗ダラダラ。

THUNDERBOLT

「Tap on the top!! Top of the rock!!」
このフレーズに尽きる。
6月9日のロックの日に「ロックのトップだ」と叫べることの幸せといったらこの上ない。
会場を煽り盛り上げたQOPの4人はまさにトップだった。

TRIGGER

CD音源ではボーカルのムラサキとベース兼コーラスのファーブの声しか入っていないが、ライブでは4人全員が歌う。
今までよりもパート分け多かった気がします。
すっごいよね、やるたびにレベルアップしてる。

KID BLUE~裸の王様~

それまでの曲とは少し曲調の違うこの曲。
ひとりひとりの動きを楽しみつつ、まさに聴く曲であったと思います。

Purple Raze

ここからムラサキ役の野村麻衣子さんがはけてそれぞれのキャラクターを表した楽曲を披露していく。
この曲はファーブの表の顔とは違う熱い想いを歌った曲。
サビ終わりの「YES!!」は思い切り叫びましょう。

R.B.E

アルバム収録曲の個人的推し。
ユメノの楽曲。
いやもう、まさにユメノって感じ。
ロックに歌ってるけど、いつもは「おにゃのこ」とかいっちゃうユメノの個性が今回のライブでもたくさん出ていました。

Wake Up Heroine

マツリさんの楽曲。
マツリじゃなくてマツリさん。
「R.B.E」の前のMCコーナーでサビの「We no」はみんなにも歌ってほしいとマツリさん役の巽悠衣子さんが言ってた。
だからみんな歌った。

Clash!!!

ここからムラサキ役の野村さんが戻ってきた。
武道館ライブでサプライズで発表された曲。
あの時は新曲でみんなできなかったコールが、今回は完璧。
しかもなんかパワーアップしてやがる。
えっ、打ち合わせたわけじゃないよね。
おかげでめっちゃ楽しかったよ!

I AM

この曲は歌詞に注目してほしい。
絶望した時にこそ聴いてほしいそんな1曲。
もちろん盛り上がった。

DAYS

「オーオー!」とみんなで大合唱した。
「もっと聞かせて」とムラサキが煽ってさらに大合唱になった。
なんか泣きそうになった。
これがエモい。そういうこと。

きゅいーんおぶぱーぷりゅ

デフォルメされたムラサキ、ファーブ、ユメノ、マツリさんの4人がわちゃわちゃするミニアニメーションコーナー。
アンコールの準備が終わるまでの繋ぎ。
話の内容はどうやらアルバムのレコーディング中にあった話をアレンジして面白おかしくしたもののようだ。
まだ1公演残っているから書かないでおこう。
表情がよく変わるムラサキとファーブに注目だ。

空色スキップ(アコースティックver.)

ユメノとマツリさんで歌ったCi+LUSの曲。
おいおい、本家より先にライブで歌っちゃったよ。
楽しいからいいけどね。
おしゃべりからそのまま始まった感じで、1番だけで終わるかと思ったらフルでした。

WORLD’S END

「2曲続けてサプライズだよ」ときて「WORLD’S END」
ガッツポーズしたよね。
頭の中終始「やべえ」でいっぱいだった。
やべえ。

CHECK' MATE

サプライズの2曲め。
イントロでわかる。
はー、強い。
こっちがチェックメイトされてるわ。
ここで持っていたペンライトが調子悪くなる。
高まりすぎたようだ。

Fire and Rose

ラストの曲。
言うことはない。
みんな高まったでしょ。
ラストにふさわしい盛り上がりだったと思います。

まとめ

今回のライブ開演前のアナウンスを4Uがやるというサプライズから始まりました。
そこから自分たちのパフォーマンスをする、そんなQOPらしさがいっぱい詰まったライブだったのではないかなあと思います。
もっと色々語りたいのですが、高まりすぎて語彙力を落としてしまったようです。
まだ14日の公演が残されていますから、行かれる方は目一杯楽しんできてください。

聴いてない方はぜひ

I'M THE QUEEN(初回限定盤)

I'M THE QUEEN(初回限定盤)

TRIGGER / Fire and Rose(通常盤)

TRIGGER / Fire and Rose(通常盤)

ブログってさ、クソだよね

TSUTAYAの入会金やレンタル代を知りたい」、音楽を聴くときはCDを購入するかiTunes Storeなどで音源を購入してきた自分にとってレンタルはまさに未開の地である。

そんなときインターネットが普及したこの世の中、ググってなるべく情報を得ようとするのは当然の流れと言える。
さて、検索をかけて最初に見るのは公式のページだ。
ふむ、どうやら周辺環境や利用者数などの要因で店舗ごとに料金が違うらしい。
利用する側としては少々やりづらいが、どの店舗でもたくさんの人に利用してもらいたいTSUTAYA側としては合理的であると言える。

もう少し調べようと考え、ふと目に留まったのが「レンタル代を知りたい、そんな疑問解決します」系のブログだ。
得たい情報はそう、自分が利用したい店舗の料金だ。
一覧になっているとありがたいな、なんて思いながら覗く。
「レンタル代調べました」という触れ込みの後に書かれていたのがこうだ。

「公式のページによるとお店によって違うみたいですね。」

知っとるわ!!!

「ご自分でお店に聞かれてみるといいかもしれません。」

なんの解決にもなっとらん!!!

最後はおきまりのこの一言で終わらせるのだ。
「いかがでしたか」

こっちもこの一言で返してやろう。情けなんざ要らねぇ。

クソが

Swiftで複数画像選択できるようにする(DKImagePickerController)

iOS端末内のフォトライブラリ(カメラロール)から画像を選択しようとするとき、多くのサイトや本では標準のUIPickerViewControllerを使用する方法を解説しているかと思います。ところが、標準のままだと画像の複数選択には対応してないんですよね。LINEにしろFacebookにしろいろんなサービスでは画像を複数選ぶことができるのなんて当たり前。少し手間はかかりますが、外部のライブラリをインストールして複数選択に対応させたいと思います。

DKImagePickerControllerを使おう

使用イメージとしてはこんな感じ

f:id:yotubarail:20190516163007p:plain

使用するにはまずCocoaPodsのインストールをします。(詳しいことはこの記事では省略)

インストールが完了したら、ライブラリを追加したいプロジェクトのディレクトリに移動。Podfileを作成後、

pod 'DKImagePickerController'

と書き込みDKImagePickerControllerを追加します。

pod install

でライブラリが使えるようになります。

ちなみにすでにPodfileがある場合は直接

pod 'DKImagePickerController'

を書き込み、ターミナルから

pod update

すれば良いです。


またアプリからカメラロールへのアクセスを可能にするために、Info.plist に「Privacy - Photo Library Usage Description」を追加しておきましょう。



使用したい箇所に以下のコードを書けば良いと思います。

Swiftで画像を複数選択

選択した画像を表示したい場合はUICollectionViewを用いると良いみたいです。自分の学習が進んだらこの記事を更新していきます。

追記:「Undefined symbol: OBJC_CLASS$_FLAnimatedImage」などのエラーが出ることがありましたが、Podsディレクトリを一旦削除し新たにpod installすることにより解決しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

DDJ-WeGO4を今更ながら買ってみた

ある程度本格的に、でもコンパクトにDJプレイをしてみたい。

そんなふうに考えてからずっと気になっていた機材、DDJ-WeGO4を購入しました。

今までSerato DJというソフトを使っていた自分にとってこのコントローラーを買うことはrekordbox DJというソフトへの乗り換えを意味していたため、渋っていたんですよね。 ただrekordboxのフリー版を試してみて使い勝手が良かったため今回の購入に踏み切りました。

箱はこんな感じ。

おっと、もういっちょ

ジャーン!!

うーん、綺麗…

普通のPCDJ用のコントローラー同様にこんなふうにパソコン上でrekordbox DJを使ってDJプレイを楽しむことができます。

が、このコントローラーの特徴はタブレット端末やスマートフォンのソフトでもプレイを楽しめちゃうことなんです!!

ベッドの上で寝転んでもできちゃいます。

メリット

1.対応するソフトがたくさん

  • rekordbox DJ

  • Virtual DJ

  • djay

  • WeDJ

  • TRAKTOR PRO 2

DJ用ソフトは以上のソフトに対応しています。こんなに対応している機材はなかなか無いと思います。しかもrekordbox DJとVirtual DJ LE(Virtual DJの簡易版)のライセンスがついてきます。rekordbox DJのライセンスを後から買おうとすると1万6千円近くかかるのでお得ですね。



2.パソコンに加えスマートフォンタブレット端末に対応

djayとWeDJはタブレット端末やスマートフォン向けのアプリのため、DDJ-WeGO4を繋げば普段使っている端末を活かしてDJができちゃいます。アプリの料金も普通のパソコン用ソフトに比べ安く済むため、いい選択肢と言えるかもしれませんね。djayは最近バージョンアップし買い切りから月額制になったのでそこは注意です。ソフトがSpotifyと連携できるものであればネットに繋げてその場でたくさんの曲の中からプレイする曲を選ぶなんてこともできます。



3.WhiteはMacbookのシルバーと色合いがバッチリ

Macbookといえばやっぱり色はシルバーじゃないですか!最近はスペースグレイの人気が高まっていたり、Macbook Airにもカラーバリエーションが出たりしていますが、自分が憧れたMacbookはやっぱりシルバーのイメージなんですよね。DDJ-WeGO4-WはそんなMacBookの延長であるかのように自然な馴染み方をしてくれます。ただの自己満足ですが、自己満足がやる気を起こす要素の1つです。



デメリット

価格低めのDJコントローラーとしてはまとまっているように思えるDDJ-WeGO4ですがデメリットもあります。

1.USBバスパワーやモバイルバッテリーからの電源供給では動かない

個人的にすごく残念な点です。iPadなんかにも対応ということで荷物をコンパクトにして持ち運ぶことが想定されていると思いますが、AC電源からしか動作しないため電気が供給されている場所でしかプレイすることができません。PCDJ用のコントローラというとバスパワーで動作するものが多いため、ここは次回改善して欲しいところ。前の製品まではできたみたいなんですけどね。



2.現場デビューを狙う人向けではない

DDJ-WeGo4のボタンやノブの配置はオリジナルのものであるため、お店のDJブースに置かれているようなCDJの機材とは使い心地が変わってきます。出来るだけ現場に近い感覚で練習したい人はDDJ-400がオススメです。

まとめ

さて、個人的に思い浮かぶメリットとデメリットをざっとまとめてみたのですがどうでしょうか。もしこの記事を読んだ方が少しでも参考にしていただけたら幸いです。タイミングにもよりますが、後1年くらいしたらPioneer Djが後継機種を出すような感じがします。 買ったものの最近まともに練習できてないので、ちょっと気を引き締めて頑張ろう。

追記:Pioneer DJより新しいコントローラが発売になります。仕様を見る限りこれからスマホでDJをやりたい人にはこれ一択かなという気がします。

これが平成最後に参加したライブだ!渕上舞さん2ndLive

f:id:yotubarail:20190501234015j:plain

4月28日、中野サンプラザホール渕上舞さんの2ndライブ「Journey&My music」が開催されました。個人的に一番推している方ということで最速先行でチケットを取って参加してきました。そういえば抽選結果発表の日は卒論発表の日だったなあ。

セットリスト

OP. My music
1. BLACK CAT
2. フラミンゴディスコ
3. アイTACTICS
4. 雪に咲く花。蜃気楼。
5. ラララ〜君に贈る歌〜
6. 部屋の窓から見る花火
7. ファインダー
8. Cute♡Appeal
9. Beautiful Sunday
10. Migratory
11. バレンシアガール
12. 自力本願レボリューション(暗殺教室OP)
13. I Found My Way (ガールズ&パンツァー 西住みほキャラクターソング)
14. リベラシオン
15. Fly High Myway!
16. Journey

アンコール
  1. Rainbow Planet
  2. Good morning! Hello?Good bye.
  3. トロピカルガール

感想

では、いつも通り何曲か感想を述べていきます。
昨年の1stライブに続いて生バンド演奏だった今回のライブ。オープニングの「My music」からガッツリ演奏してくれました。

1曲めの「BLACK CAT」から強さの塊!EDMである原曲とライブ演奏が重なると良いなと思うのはナナシスでも感じたもの。黒猫モチーフの衣装を着た渕上さんはイタズラぽくもあり大人の魅力もありで素敵でした。

2曲めの「フラミンゴディスコ」はなんとアレンジバージョン!!「ディスコディスコディスコ...」と変化球な歌い出しで始まったため一瞬混乱しましたが、なんとか整理してセンスを出してディスコ気分を存分に味わいました。昨年振付のレクチャーがあって大いに盛り上がった曲の一つですが、今回はもっと盛り上がったんじゃないかな。

6曲めの「部屋の窓から見る花火」では急にステージ前面にスクリーンが降りてきました。窓格子のシルエットを投影して渕上さんが部屋の中にいるように見せたり、最後には花火の映像を投影して見せたり会場の設備を存分に活かした演出が魅力的でした。

7曲めの「ファインダー」も演出が魅力的な曲。最後にシャッターを切る演出とともにその瞬間の渕上さんがセピア色で切り取られたのは良かったですね。

9曲めの「Beautiful Sunday」は日曜日だったこの日にぴったりだったのではないでしょうか。1stライブは土曜日だったものね。

10曲めの「Migratory」は生演奏が光った1曲。この曲が歌い終わった後に渕上さんがはけて衣装替えをしたのですが、そのつなぎをアウトロに入らずに生演奏でバンドメンバーが盛り上げてくれます。1stライブでも「A Crow」で同じ演出がありました。ここがとにかく楽しい!バンドにみなさんに感謝。

11曲めの「バレンシアガール」ではフラメンコをイメージしたような赤い衣装で登場。事前のLINE LIVEでサビの手拍子のレクチャーがあったため会場の一体感がすごかったです。また楽しい曲できちゃったなあ。

15曲めの「Fly High Myway!」これを除いて渕上舞さんは語れないぞ!!1stアルバムの表題曲。みんなで「Wow,wow」するのは楽しいですね。

16曲めの「Journey」今回のライブもこの曲が収録されたミニアルバムも渡り鳥がする旅のように様々な景色を巡ることをテーマにしています。さて、渕上さんの旅はどうなるのでしょうか。その答えはライブ後に...
アンコールから1曲。「トロピカルガール」、前述の「バレンシアガール」と同じ主人公の曲です。1stライブでもラストを飾ったこの曲も盛り上がる1曲。前回同様スタッフさんもみんなステージに出てきて楽しそうに踊っている様子はまさに一体感。ライブは色んな方々の力でできているのですね。ありがとうございます。

最後はみんなのカメラに収めて欲しいということで写真撮影オッケーに!
すごくいい笑顔ですよね!!!
本当に楽しかったです!

終演後スクリーンには渕上さんからのメッセージが。こちらの写真撮影がオッケーなのかはわからなかったので普通の文で。
「私の旅は、もう少しだけ続きそうです。また会う日まで。Thank you!! 渕上舞

ありがとうLe☆S☆Ca そして、よろしく新生Le☆S☆Ca

2月28日上杉・ウエバス・キョーコ役の吉井彩実さんが3月で芸能活動を引退することが発表。そして昨日、荒木レナ役の藤田茜さんが降板することが発表されました。
キョーコとレナはナナシスの中でLe☆S☆Caという3人組ユニットのメンバーとして活動しています。
その中の2人の声優さんが変わってしまうことは大きなショックでした。
藤田茜さんの件を知ったのが退勤後の夕方6時30分ごろ。
それから気持ちの整理がつかず、家に着いてから泣きそのまま疲れてしばらく眠ってました。
一夜明けた今日も正直まだ実感できずにいます。
新曲が出ることが発表されていたから尚更なところがあります。



Le☆S☆Caは「レスカ」という読み方の通りレモンスカッシュの略称からユニット名がつけられていて、16歳17歳の恋心を描いた曲を歌う青春爽やか微炭酸なユニット。
荒木レナ、上杉・ウエバス・キョーコ、西園ホノカの3人で構成され、「Yellow」や「Behind Moon」をはじめとした曲をいくつか歌っています。
リードするようなレナの歌声に儚い2人の歌声(個人の感想です)が重なって、曲と見事にマッチしていました。
そして、そんな3人が大好きでした。

初めてリアルのイベントでLe☆S☆Caを見たのはパシフィコ横浜で行われた2ndライブの時、Le☆S☆Caの初めてのライブステージ。
ナナシスにどっぷり浸かる1つのきっかけになった個人的にも思い出深いイベント。
Le☆S☆Caの曲に一気に引き込まれていったのをよく覚えています。
それから2nd2.5、3rd、メモリアル、4thと曲数も増えて、3人を中心としたエピソードが増えていくのが嬉しかった・・・
タンポポ」の「飛ぶよ!!」の掛け声、「ひまわりのストーリー」の今までより動き多めな振り付け・・・
黄色はLe☆S☆Caの色
歌い終わった後にやる「Le☆S☆Caでした!!」が大好きでした。



たまにデレるけど普段はツンツンしていて、アイドルとしてのプロ意識の高いキョーコ

いつも元気で支配人をからかう癖があるけど、自分の恋愛事には結構悩んでしまうレナ

方言が出てしまうことを気にしていてアワアワしているところもあるけど、年相応に人の恋愛話に興味を持ったりするホノカ

タイトルには「新生」と書いたけど、2人の声優さんが変わってもそんなキャラクター達は何も変わらないはず。

一支配人としてこれからもLe☆S☆Caを応援し続けます。

吉井彩実さん、藤田茜さん今までありがとうございました。

www.jvcmusic.co.jp

追憶 君を忘れない

追記 キョーコ役を井上ほの花さん、レナ役を飯塚麻結さんが担当することが決まりました。